結城浩のはてなブログ

ふと思いついたことをパタパタと書いてます。

基本: 私は住所を登録せずに使いたい

はてな」さんが出している3つの検討案、

のうち、もしも「1. 全ユーザーの住所登録を義務とする」となったら、結城ははてなを使うことはなくなると思います。「2. 住所登録を選択制にする」あるいは「3. 住所登録は行わない」ならば、住所を登録しない範囲内で使うと思います。
要するに結城は基本的に「住所を登録せずに使いたい」ということです。

選択制

「2. 住所登録を選択制にする」の場合に気になるのは「では、どのサービスが住所登録せずに使えるのか?」という点です。
はてなさんの考えでは、住所登録しなければならないサービスが増えていく可能性があるとのことですので、これについては意見を書いておきます。結城が考える「住所登録が必要なサービスはこういうのにしてほしい」という意見です。

  • 住所登録しなければ無意味なサービス
  • 住所登録というコストを支払い、リスクを背負う価値が「ユーザ側に」あると思われるサービス

結城の場合、現在は「はてなダイアリー」と「はてなアンテナ」を使うくらいですが、これらに住所登録が必要(必須)だとは思えません。住所登録することで付加サービスが得られるというチョイスはあってもよいと思います。ただし、それは住所登録する意味があるような付加サービスならば、ですけれど。「なるほど! このサービスはすばらしい。自分の住所を登録するだけの価値は十分にある」というサービスが登場したら、結城は住所を登録してそのサービスを利用すると思います。

まとめ

まとめますと、結城にとっては「2. 住所登録を選択制にする」がベター。「3. 住所登録は行わない」がベストだと思っています。選択制にするなら「はてなダイアリー」と「はてなアンテナ」は住所登録不要にしてほしいです。

応援しています

今回の「住所登録問題」では、はてなさんはなかなか苦しい時を過ごしておられると思います。スタッフのみなさんのご苦労をお察しいたします。しかし、今回のことを通して、はてなさんは、かえってユーザの信頼を勝ち得ることができるかもしれないとも思っています。Web上でサービスを提供している多くの人が、はてなさんの対応を、貴重なケーススタディとして見守っているのではないでしょうか。ほんとうの意味でよい判断がなされますようにとお祈りしております。応援しています。がんばってください。